事故を起こさないために|企業選びがエレベーターを左右する|条件にマッチした保守を選択
インテリア

企業選びがエレベーターを左右する|条件にマッチした保守を選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

事故を起こさないために

女の人

2つの点検作業

マンションや高層ビルに設置されているエレベーターは、いまや無くてはならないものとなっていますが、人が乗る箱という性質上、定期的に点検をしないと事故を起こす可能性が高いものです。エレベーターの点検には定期点検と法定点検の2つがあり、安全に使用できる状態を維持することになります。定期点検は月に1度メンテナンス会社が実施し、機械室で点検、グリスの注油、清掃、調整などを行い、加えて蛍光管や押しボタンのスイッチ、パイロットランプなどの消耗品を交換します。現在は通信回線を利用した点検を行うので、古いタイプでは月に1度ですが、新しいタイプでは遠隔操作によって2ヶ月か3ヶ月に1度の点検となっています。法定点検は国土交通省が定める法的な検査のため必須となっていて、年に1度と少ないですが総合的な点検をするようになっています。虚偽の報告や点検を忘れていたなど、問題があると罰せられるので注意しましょう。

実は頻度に決まりはない

エレベーターの点検は建築基準法で定められているため、適切な状態を維持するために行う必要があるが、実は1ヶ月に1度の定期点検をやらなくてはいけないというものではありません。法律でも常時適切な維持ができていれば良いとなっているので、2ヶ月に1度の点検でも問題はなかったりします。エレベーターは正常に動作しないと重大な事故に繋がる可能性もあります。なので、もし不安に感じるのであれば、やはり定期的な点検は行いましょう。もし、メンテナンス費用が気になるのであれば、比較サイトで安値でメンテナンスを行なってくれる業者を見つけるとよいでしょう。